ブルーベリー狩りは岡山のブルーベリー栽培・観光農園「ブルーベリーファームふじわら」へ!

サイトマップお問い合せ
ブルーベリーおじさんのブルーベリー狩り農園「ブルーベリーファームふじわら」電話:0867-34-1000
トップページ ブルーベリー狩り 農園紹介 ブルーベリーについて 栽培品種 加工商品 お知らせ 栽培日誌 ブルーベリーレシピ 特定商取引法に基づく表示 運営者情報 リンク

(C)BLUEBERRY FARM FUJIWARA.
All Rights Reserved.

■ ブルーベリーについて

分類

ブルーベリーの木ブルーベリーは、ツツジ科スノキ属に分類される落葉性の低木果樹で北アメリカが原産地です。20世紀の初めにアメリカ農務省によって、野生種から良い系統を選抜して品種改良を重ね、大粒・食味の良い品種が次々と作られて普及しました。
果樹のなかでは栽培の歴史が浅く、新しい果物です。現在ではオーストラリア、ニュージーランド、日本などでも新品種が生まれ、200種類以上の品種が知られています。
日本で栽培用の種類はハイブッシュ系とラビットアイ系があります。

ページの一番上へ

効能・機能

ブルーベリー(オニール)ブルーベリーを食べるとボケない?
ブルーベリーに含まれるアントシアニンが目の機能低下抑制に効果があることは知られていますが、1999年に、タフツ大学のジェームス・ヨセフ博士らがラットを使った実験では、月齢19ヶ月(人間では70歳)のラットにブルーベリーエキスを与えたところ、棒の上を歩くことができる時間が延長し、迷路を使った実験では記憶力がよくなったそうです。
アントシアニン色素の働きに必要なブルーベリーの摂取量としては、生果実で1日40グラム以上(20〜30粒)、乾燥品では1日10グラム以上と考えられています。
また、ビタミンやミネラルや食物繊維を豊富に含むため健康に良いとされ、果実の深いブルーは視覚的にも楽しめます。

ページの一番上へ

日持ち・保存方法

冷凍保存ブルーベリーの果実は、通常、夏の室温下では3日程度しか持ちません。そのため、収穫した果実はすぐに食べるか、冷蔵、冷凍保存をします。
冷凍保存は、収穫後すぐに果実を洗わずに厚めのポリ袋に小分けして冷凍庫へ入れます。こうしておけば10ヶ月は保存が効きます。

ページの一番上へ

ブルーベリーの育て方

ブルーベリー栽培ブルーベリー栽培で気をつけることは、土つくりと水やりです。ブルーベリーは他の果樹と異なり酸性土壌(pH 4.5〜5.2)を好み、根を浅く張る性質をもっています。そのため庭植えする場合は、直径50cm深さ30cmの穴を掘りバケツ一杯(20リットル)のピートモスと掘り上げた土をよく混和して植え付けます。
後で水をたっぷり与え、乾燥を防ぐために有機物か木材チップ等でマルチングすることが大切です。
コガネムシを寄せ付けないよう、杉チップを使うこともあります。
鉢植えでは、ピートモスと鹿沼土を半々混ぜ合わせた土に植えるとよいでしょう。

ブルーベリーの花 ラビットアイは、同じ品種どうしで受粉しても受精ができず、果実がつけられないので、他のラビットアイ種の花粉で受精させる必要があります。
ハイブッシュは自分の花粉で受精することができますが、他のハイブッシュ種の花粉を受粉させると、果実の結実がよくなり、果実が大きくなります。
したがって、自分がどの品種を植えたのか把握しておく必要があります。

ページの一番上へ
ブルーベリーファームふじわら
〒709-2341 岡山県加賀郡吉備中央町上加茂84-1(加茂川タクシー内)
TEL:0867-34-1000 FAX:0867-34-1031
E-mail:otoiawase@blueberry-farm.jp